読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーヤのアニメ観

アニメの感想やアニメに関するコラム、参加したイベントの感想などを書いていく自己満足にあふれたブログです。至らない点も多々あると思いますが、温かく見守っていただけると幸いです。

アニメこのすばに三期はあるのか!?

 

f:id:goooyan:20170301133231j:plain



現在、絶賛放送中の【この素晴らしい世界に祝福を!】通称【このすば】ですが二期も折り返し地点を迎えファンが気になってくるのは三期はあるのか?ということ。


今回は原作(スピンオフを含む)を読んでる私がそれを考察していきたいと思います。

 

 

 

注、基本的にネタバレを防いだ記事になっているので、原作を読んでいない方でも読んでいただけますのでご安心ください( ^^)

 

 

 

さて、本題に入るより先にアニメの三期というものについて、基本的に三期というのは非常に制作される確率が低い。

なぜかというと

  • 三期にもなると新規のファンがつきづらい。
  • 原作の売り上げ活性も微妙になる。(マンガやラノベなど)
  • 飽きられる。


大体これらの点からアニメの三期が製作されるのは非常にハードルが高くなっている。

 

 

しかしそれでも私はアニメこのすばに三期はあると思っている。その理由を説明してい

こう。

 

 

  • 豊富な原作ストック

現在のこのすば二期(六話時点)ではちょうど四巻に入ったところで、二期は四巻の内容を使い切って終わりだろう。

 

書籍このすば(本編)は現在十巻まで出ているのでペース的には今すぐ五期まで出来るぐらいの原作ストックがあるのだw

 

なので原作ストック的には十分に三期ができる状態なのである。

 

そしてラノベアニメに多い本編の三期をやるのではなく、スピンオフのアニメ化ということもこのすばに限っては考えづらい。

 

このすばのスピンオフはめぐみん主役verが四巻、バニル主役verが一巻あるがバニル主役verはストック不足、めぐみん主役verは舞台である紅魔の里が本編で出てない(5巻の舞台が紅魔の里)以上これがアニメ化されることは考えにくい。

 

 

  • 五巻、六巻のお当番キャラ

 

アニメ二期が四巻までいくはずなので、必然的に三期は五巻、六巻の内容となる。


そして五巻でのいわゆるお当番キャラは人気投票で一位のめぐみん、六巻はまだアニメ見登場にもかかわらず三位のアイリスである。

 

f:id:goooyan:20170301115602j:plain

 

f:id:goooyan:20170301120130j:plain

 

人気キャラのお当番会というのは万人受けしやすいので評価も高くなりやすい。


個人的にも五巻、六巻の評価は高く、ストーリーも非常に良く、人気キャラのお当番会ということを抜きにしてもこのすば全体で全盛の部分なのではないかと思っている。

 

 

  • コンテンツとしての売り上げ

売れたアニメ=良いアニメというわけではないが、続編の有無としては売り上げというのは非常に大きな意味を持ってくる。

 

一期このすばのBDは累平10000程度、二期も7000~10000ぐらいは固そうである。

グッズの売り上げもキャラ人気があるので悪くないだろう。

 

 

  • 制作会社のフットワークの軽さ

アニメ二期は一期の反響の大きさから急遽制作が決まり、一期のEDで発表となった。


なのでそのフットワークの軽さから三期も二期が十分人気があることだしやってくれるのではないかと思っている。



もし三期の発表があるとしたら一年以内、二期最終話のED、またはイベントになるだろう。

 

 



以上のことからアニメこのすば三期は個人的にあると思っている。


アニメ制作には売り上げや人気だけではなく、いろいろなことが絡んでくるので確信をもつことは出来ないが、ぜひとも三期が製作されてほしいものである。